このブログを検索

2014年9月12日金曜日

2014・夏ギリシア(その5完結編)

8月20日 アテネ〜帰国


午後2時頃空港に向かえば十分間に合うので、
「ホテル・アレトゥーサ」をチェックアウト後、荷物を地下に預かってもらって
午前中にアゴラを見学しました。


アクロポリス北西に広がるアゴラは古代アテネの中心地。
さまざまな店が立ちならぶ市場でもあり、
評議会(行政実務を行う市民500人からなる会議)や法廷、プリュタネイオン(迎賓館)などポリスの政治の中心でもあり、
大小さまざまな神殿や祠(ほこら)のある宗教センターでもありました。

ここは
ソクラテスが哲学の議論をしたり、
政治のゴシップが飛び交ったり、
べらんめえ調で威勢のいい呼び声を上げるガラの悪い魚屋がいたり、
香水屋にたむろしてくっちゃべる若者たちがいたり、
ヘパイストス神殿
要するに、
アテネの都市生活の高尚な文化から下世話な日常までごたまぜになった生きのいい広場でした。


ただ、そういう古代の息吹を残す遺物は礎石しか残っていなくて、建物として残っているのはヘパイストス神殿と、ローマ時代に再建されたストア(列柱廊)くらい。

歴史や文学を知ってから行かないと、灌木が点在するただの広場にしか見えないかもしれません。


かまどつき鍋
バーベキューセット
ストアの1階がアゴラ美術館になっています。
陶器や壺絵などの美術品もありますが、
ここでおもしろいのは、古代ギリシアの日常生活をうかがわせる遺物たち。

かまどつきの鍋だとか、バーベキューセット、ランプなどの日用品。

現在の陪審員制度の起源をたどると古代ギリシアの民衆法廷。
毎年、数千人の市民が裁判官に選ばれ、ほとんどすべての訴訟で判決を下しました。
その民衆法廷で有罪・無罪の投票に使われた投票石(実際には石ではないのですが)。

死刑囚に毒薬を飲ませるための小さな壺。
(前399年、哲学者ソクラテスが、伝統宗教をないがしろにし、若者にいけない教育をして堕落させた、という罪で死刑判決を受け、毒杯を仰いだのはご存じの方も多いと思います)

それから世界史でならった陶片追放。
国家に害をなすと思われる政治指導者の名前を陶片に書いて投票し、追放刑が行われました。政治家の名前を書いたそれらの陶片も展示されています。


ストアの2階は風が通る涼しい空間で、ローマ時代の彫刻が展示されています。
アゴラ美術館に入場しなくても階段を上ってこの2階に行けます。夏の強烈な日差しに疲れたらここに来るといい。

アゴラの南にはアクロポリスや、殺人法廷が開かれたアレスの丘(アレオパゴス)が見えます。
なんとこの猛暑の中、アレオパゴスの岩の上に登っている観光客がけっこういる!

プラカの目抜き通り
プラカの細い路地
わたしたちはそんな猛者(もさ)じゃないし、最終日まであくせくしたくないので、
民会場やフィロパポスの丘など付近の史跡巡りは省略して、
いまやなじみ深くなったプラカで時間を潰すことにしました。


もう買い物をすませたのでのんびり歩き。
楽しい旅行でしたがけっこう疲れがたまっています。

カフェに座りました。

「イオノス」看板
「その2」で書いたキダシネオン通りのタベルナ「ビザンティーノ」の斜め向かいにあるカフェ「イオノス」。

手書きのカタカナの「プラカ」という立て札があるタベルナ「プラカ」の真向かいです。

この「イオノス」が意外に良かった。
「イオノス」野外席
「イオノス」トイレの
洗面所
コーヒーがおいしい。
家族が頼んだカモミールティーと紅茶もおいしかった。

日よけの下の野外席で(というか、今回の旅行で店の建物内で飲食したことは1度もない。野外席こそ地中海ならではの楽しみ)プラカの人通りをのんびり眺めました。

この店、トイレもいい。
人が来ると自動でライトがつく立派なトイレです。
勘定の時に少し多めのチップをはずみました。

プラカで歩き疲れたらここがお勧め。



プラカからホテルに向かう道の猫
ギロピタ

ホテルで荷物を回収して、近くの「ピタパン」でギロピタを食べました。ドラム缶みたいな焼き肉の筒をナイフで削って野菜といっしょにピタパンに包み、ザジキ(ヨーグルトソース)を添えるギリシアのファーストフードです。




地下鉄で無事に空港に着き、ユーロを使い切るために免税店で、
「コレス」Korres (ギリシアのロクシタンみたいな店)のオードドワレと、クレタ島の蜂蜜を買いました。

帰国後オードドワレをつけると、
妻は「あ、ギリシア人の匂いだ。ギリシア人とすれ違ったときにこういう匂いがよくしてた」と言いました。

原料は、杉、緑茶とヴェティヴァーの根(ヴェティヴァーの和名は「カスカスガヤ」だそうです。シャネルNo.5にも使われている香水原料)。ロクシタンとは系統がちがうギリシアの香りです。



(完)




0 件のコメント:

コメントを投稿